下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

高い都市型SUVとして話題のマツダのCX−5とトヨタのC-HR。

価格から燃費・サイズ・内装まで徹底的に比較してみました。

 

スポンサードリンク

CX-5 vsトヨタ C-HRで価格比較

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

新世代の都市型SUVとして登場したマツダのCX-5とトヨタのC-HRは、斬新なフォルムと機能性、そして経済性の高さから大きな注目を集め高い人気を獲得しています。

その両車に共通して言えることは、どちらもスポーティーかつ機能的であるという点です。

そのため、購入時に競合されることが多い車種となるのです。

購入を検討するにあたり重要視されるのが価格です。

それぞれの車両価格をマツダCX-5VSトヨタ C-HRとして比較します。

マツダCX-5はパワートレインが三種類用意されています。

2リッター自然吸気エンジンと2.5リッター自然吸気エンジン、そして2.2リッターディーゼルターボエンジンです。

それぞれの価格は、2リッター自然吸気エンジンで257万円から280.3万円、2.5リッター自然吸気エンジンで279.7万円から355.3万円、2.2リッターディーゼルターボエンジンで288.4万円から355.9万円です。

https://toyota.jp/c-hr/

トヨタC-HRには二種類のパワートレインが用意されており、1.2リッターターボエンジンと1.8リッターハイブリッドという構成になります。

1.2リッターターボエンジンで229万円から280万円、1.8リッターハイブリッドで261.4万円から292.9万円です。

価格だけを比較してみますと、全体的にC-HRの方が安価に設定されていることが分かります。

エントリーグレードで比べますと、CX-5で257万円、C-HRで229万円となりますので、28万円C-HRの方が安価に設定されています。

最上級グレードで比較しますと、CX-5で355.9万円、C-HRで292.9万円となり63万円C-HRが安価であることが分かります。

価格だけを見ますとCX-5が高価ですが、ボディサイズやエンジンの排気量などを考慮しますと、CX-5の価格設定も妥当なものであると判断できます。

経済性はどちらも優れた車種となりますので、価格のみならずパワートレインも購入の際の検討材料となるでしょう。

 

スポンサードリンク

CX-5 vsトヨタ C-HRで大きさ比較

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

都市型SUVが自動車業界に登場してから高い人気を獲得し続け、近年は斬新なフォルムの都市型SUVが開発され販売されるようになりました。

その代表とも言える革新的なSUVが、マツダが製造、販売しているCX-5とトヨタ自動車が製造、販売しているC-HRです。

CX-5とC-HRの大きさをボディ寸法と室内でマツダCX-5VSトヨタ C-HRとして比較した場合、CX-5のボディ寸法は、全長4545mm全幅1840mm全高1690mmとなっています。

都市型SUVとしては平均的な部類に属します。ボディ寸法に対し車内スペースは室内長1890mm室内幅1540mm室内高1265mmとなっており、かなりゆとりのある空間が確保されているのです。

https://toyota.jp/c-hr/

C-HRのサイズを見てみますと、ボディ寸法は全長4360mm全幅1795mm全高1550mmとなっており、都市型SUVとしては比較的コンパクトなボディサイズとなっていることが分かります。

車内スペースは、室内長1800mm室内幅1455mm室内高1210mmとなっており、ボディサイズに対して効率よく車内のスペースが確保されているのです。

CX-5とC-HRのサイズを比べてみますと、外寸はC-HRの方が全体的にコンパクトなサイズとなっており、運転の取り回しのしやすさから言えばC-HRが優れていると言えます。

車内スペースはCX-5の方がゆとりがあり、大人がゆったりと乗車できるだけのスペースが確保されていることが分かります。

ゆったりと乗車できるということは、ロングドライブを快適に楽しむ上で重要ポイントとなります。

しかし、C-HRが狭いというわけではなく、ボディサイズがコンパクトであるにもかかわらず、室内長は1800mm、室内高は1210mm確保されていますので、必要十分なスペースがあると言えるでしょう。

快適なロングドライブをするならCX-5、街中での運転で取り回しのしやすさを優先させるならC-HRという選択になります。

スポンサードリンク

CX-5 vsトヨタ C-HRの燃費性能を比較してみた

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/?link_id=sbnv

人気クロスオーバーSUVマツダCX-5VSトヨタ C-HRには多くの人が関心があることでしょう。

先進の技術によって生まれたCX-5はすでに2代目に進化しており、あらゆる面で魅力が増しているのに対して、C-HRは新型プリウスに採用された次世代プラットフォームとハイブリッドシステムを採用し、大胆で質感の良い内外装とスポーティかつ高品質な走りも備わっています。

車体の大きさはCX-5のほうが一回り大きいですが良い勝負と言って良いでしょう。

両者の燃費比較では、搭載されるエンジンによって評価が変わってきます。

https://toyota.jp/c-hr/performance/?padid=ag341_from_chr_navi_perf

C-HRに搭載されるエンジンは、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボに2種類が用意されています。

燃費は1.8Lハイブリッドがリッター30.2kmと30km超えを達成しており、SUVの中では他車を圧倒しています。

同ハイブリッドシステムを採用しているプリウスにはかないませんが、低燃費を優先したい方には大変魅力的な車です。

1.2Lターボのほうはリッター15.4kmとなっています。燃費性能はハイブリッドと比べると半分ということで見劣りしてしまいますが、低回転域からのターボがかかり力強く加速していきます。

CX-5に搭載されるエンジンは3種類あります。

ディーゼルエンジンの価値を再確認させてくれる2.2Lクリーンディーゼルターボの燃費はリッター18.0kmとなっています。

ディーゼルの単価がガソリンに比べてリッターあたり20円程度安いことから、トータル的にはかなりリーズブルと言えるでしょう。

また4.0Lガソリンエンジンなみのトルクがあり、力強い加速力が可能であることも魅力です。

なお2.0Lガソリンの燃費はリッター16.0km、2.5Lガソリンは14.8kmとなっています。

この結果、単純な燃費比較ではC-HRのハイブリッドが一番となり、C-HRの1.2Lターボと、CX-5の2.0L車が同等といった印象、さらに経済性ではCX-5ディーゼルターボもおすすめです。

 

CX-5 vsトヨタ C-HRで内装比較

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

都市型SUVが全盛となっている自動車業界において、新しいタイプの車種が次々と発売されています。

その代表格と言えるのが、マツダのCX-5とトヨタのC-HRです。

両車は高い人気を獲得しており、SUVの購入を検討している人には必ず候補に挙がる車種と言えます。

CX-5とC-HRの内装を、マツダCX-5VSトヨタ C-HRとして比較した場合、CX-5は機能性とスポーティーさを兼ね備えた内装となっています。

視認性が良く操作性が良好なインパネをはじめとして、機能性を徹底的に追及した内装となっているのです。

そして、室内空間は大人が前席、後席に乗車してゆとりが出来るほどのスペースが確保されており、ロングドライビングでも快適に運転を楽しむことが出来る仕様となっているのです。

まさに実用性を重視した内装と言えるでしょう。

https://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag341_from_chr_navi_interior

他方、C-HRの内装は、CX-5と同様にスポーティーさを醸し出すものとなっています。

クーペのように包み込まれるような運転席が特徴的で、コックピットのような雰囲気となっているのです。

運転時の安全性を優先し、視認性と操作性を重視したインパネとなっており、CX-5と同様に実用性の高いものとなっています。

室内空間は、CX-5よりはやや狭く、後席の天井がリアに向かって傾斜しているため、大人が丁度座れる程度のスペースが確保されているのです。

このように、CX-5はボディサイズがC-HRよりも大柄なため、室内空間が広く確保されており、快適なドライビングを楽しむことが出来る自動車です。

C-HRはクーペスタイルのSUVとなっているため、運転する楽しさを追求した内装となっています。

どちらの車種にも共通して言えることは、機能性が優先されているという点です。

視認性がよく操作性に優れた内装デザインとなっているため、安全性が高められ、安心して運転することができます。

快適性を重視するか、運転する楽しさを重視するかによって、どちらの車種を候補とするか決定すると良いでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク