下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スタイリッシュなデザインが人気のCX−5。

カスタマイズしてさらにデザイン性をアップしたい方のために、注意点やタイヤ交換の方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

CX-5はどちらのタイヤサイズを選ぶ

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/

車の足回りで重要なものがタイヤサイズになりますが、それはそれぞれの車によって大きさが違ってきます。

軽自動車は小さいですが、コンパクトカーそしてミニバンといった具合に車体がでかくなるほど大きなものを使うことになります。

その際に注意しなければいけないことが、車体がそこまででかくなくてもタイヤサイズが大きいものがあることです。

それがSUV車であり、タイヤサイズが大きくなることで走破性を高めることができます。

CX-5もSUV車であり、やはりタイヤサイズは大きいものになるため注意が必要です。

CX-5の標準の大きさは17インチ、または19インチととても大きいです。

それぞれ特徴が違ってくるので、それを把握しておくことが大事です。

17インチの場合には19インチよりも価格が安めであり、比較的乗り心地がよくなります。

またCX-5がスタイリッシュな印象になり、見た目を落ち着かせたい場合に有効です。

反対に19インチになるとCX-5がごつい印象になり、派手さを演出することができます。

運動性能やコーナリングなどが向上するなどもありますが、走行音がうるさくなったり重量の増加を招くことになります。

このような違いがあるので、CX-5のタイヤサイズを選ぶときは気を付けなければいけません。

タイヤサイズは大きくなればなるほど価格も上がり、総合的な費用もかかってしまいます。

車自体の値段も高いこともありますが、大きなインチサイズのものはホイールも大きくなります。

そのようなことも考えながら、総合的に判断して選ぶことが大事です。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/

車が好きでカスタマイズしたいのであれば高くなってもいいかもしれませんが、安心して乗れればいいという場合にはその点もしっかりと考えることが必要です。

お金はかければいいというものではありませんが、安すぎる場合には不安が残ることもあります。

CX-5のタイヤサイズを選ぶときは、必要経費は出し惜しみしないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

マツダCX-5の純正タイヤサイズについて

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

マツダが製造、販売しているCX-5は、都会型のSUVです。

斬新なフォルムから大きな注目を集め、現在も高い人気を獲得している車種となります。

そのため、販売台数は増加しており、数多くの所有者が存在します。

CX-5が装着している純正のタイヤサイズはグレードによって異なります。

エントリーグレードのSに装着されるものは225/65R17となっています。

都市型SUVに装着される一般的なタイヤサイズとなります。

Sプロアクティブに用意されているサイズは225/55R19となっており、大型のインチとなっているのです。

そのため、タイヤのグリップ力が増してコーナーを曲がる性能が向上すると共に、外観の印象も躍動感のあるものとなります。

SLパッケージに装着されるタイヤサイズも225/55R19となっており、大型のホイールにタイヤが装着されているのです。

2.5リッターターボエンジングレードの25TLパッケージのタイヤサイズは、同じく225/55R19となっています。

CX-5と言えば代表的とされるのがディーゼルターボエンジンです。

ディーゼルターボエンジンのXDに用意されているのは225/65R17となっており、Sグレードと同じサイズを装着しています。

そして、上級グレードとなるXDプロアクティブには225/55R19のタイヤが装着されているのです。

CX-5の中で最上級グレードとなるXDLパッケージには225/55R19のタイヤが用意されています。

このように、CX-5に純正で装着されているタイヤはSUVとしては必要十分なサイズとなっています。

上級グレードになりますと、より躍動感のある印象を与える19インチの大型ホイールにタイヤが装着されますので、コーナーを曲がる際の安定性の向上が期待できます。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/?link_id=sbnv

CX-5のオーナーの中には、純正のタイヤサイズで必要十分と感じている人も数多く、ホイールデザインも秀逸であることから、購入してそのまま純正タイヤで使用し続けている所有者が多いのです。

純正のタイヤサイズでも外観的に十分に満足できる完成度の高さを持っている車種と言えます。

 

スポンサードリンク

CX-5がフルモデルチェンジで行なったサイズアップ

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/?link_id=sbnv

CX-5はマツダのクロスオーバーSUV車で、2012年に発売されました。

マツダが独自で開発した、今までの車作りの常識を覆した白紙に戻し、トランスミッションからエンジン、シャーシなどあらゆる部分をゼロから作り出した次世代技術が初めて全面搭載された車です。

エンジンは従来のガソリンに加えてクリーンディーゼルを併用し、ディーゼルエンジン特有のタイヤを回す力「トルク」の力強さを保ったまま高回転化し、低圧縮比で軽量化させ、排気ガスの処理を簡素化できるなど新しい技術を駆使した車です。

発売から5年足らずの2016年フルモデルチェンジが行われ2代目のCX-5が発売されました。

前後のトレッドを約1センチサイズアップしたことで前後から見ると台形に近いフォルムとなり、ヘッドランプを細長くしてシャープな面立ちになりました。

車体は全長が5㎜サイズアップし、高さは1.5cm低くなりましたがそのほかのサイズは初代と変わっていません。

インテリアとしてはシートのカラーがブラックのほかにホワイトを選ぶことができるようになりました。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

また助手席は乗り降りをしやすいように低くしたり、見晴らしがよいように高くできるなどシートの高さが変えられる機能が付き、後部座席はリクライニングで背もたれを自由に動かせるようになりました。

コックピットもナビやATレバーの位置を少し上にあげて、ドライバーが水平な視線で見られるようにしたことで運転の安全性を高めています。

先進安全技術もさらに強化し、「歩行者に対する自動ブレーキ」「ペダルの踏み間違い時加速抑制装置」「車線逸脱警報」「先進ライト」を搭載する「サポカーSワイドは全グレードに標準装備されていて、さらに360度ワイドビューモニターによる見えない部分の危険察知機能やアドバンスSCBCによる夜間の歩行者や衝突の危険を回避する機能もあります。

このようなシステムを利用して安全で快適な走行が理想的ですが、疲れにくい状態で走行にすることが大切ということでマツダは車に合わせるのではなく、人間に合わせる車の開発を続けています。

 

CX-5のタイヤ交換!自分で行う場合の交換方法

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

タイヤ交換が必要になる時と言えば、夏冬のタイヤの入れ替えをする時や、パンクをしてしまった時などです。

CX-5は大きめサイズの車ゆえに自分で行うのは躊躇するかもしれませんが、基本さえ押さえておけば簡単に行うことができます。

交換方法の流れとして、まずは平らな場所で周囲の完全が確保されているところにCX-5を移動させましょう。

ジャッキアップをする時に平らな場所ではないと危険があり、車が通る場所などですと安全に作業ができません。

もし作業ができる場所がない場合は、支障にならない環境を探すか、パンクの時には大人しくレスキューに依頼するなどした方が良いでしょう。

環境の準備ができたら輪留めを行いますが、その際には交換するタイヤの、対角にあるタイヤに車が動かないように処置をします。

専用の輪留めがない場合は、代わりになりそうな石や木材などでも同様の役割ができます。

次にタイヤのナットを緩めておきますが、その際には完全に外す必要はありません。

ジャッキアップ後に外せる程度に緩めておけば十分です。

続いてジャッキアップを行いますが、車体の下にセットをできる箇所がありますので、その部分にしっかりと設置することが大切です。

他のところに設置をしてしまうと、重量によって傷つけたり破損をさせたりする恐れがありますので注意しましょう。

ジャッキアップ後、緩めたナットを取り外し、新しいタイヤを装着します。

ナットを軽く締め付けたら、ジャッキを下ろします。

タイヤが外れないようにナットを締め付ける必要がありますが、その際には強引に力で締め付けるのではなく、適切なトルクで固定することが望ましいです。

トルクレンチという道具もありますので準備をしておくのが良いかもしれません。

同様の流れで他のタイヤも交換を行っていきますが、交換作業の後は空気圧をしっかりとチェックした方が良いでしょう

空気が抜けている状態ですとタイヤを傷めてしまう上、ハンドル操作や燃費にも影響します。

空気圧はガソリンスタンドやカーショップなどで見てもらうことも可能です。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク