下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

トップクラスの人気を誇るSUV車であるCX-5。

家族で出かける際に気になる後部座席の広さや収納力についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

CX-5をファミリーカーとして使う際に気になる後部座席の広さや乗り心地

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

CX-5は数多くあるマツダ車の中でもトップクラスの人気を誇るSUV車です。

スタイリッシュで洗練された美しいフォルムを持つCX-5は、そのデザイン性の高さに魅了される方が多いです。

ただ、CX-5はドライバーはもちろんのことですが同乗者にまで快適なドライブを提供するために設計されているため、燃費の良さも追求されており抜群の走行性能を持っており、そういった乗り心地の良さで選ばれる方も多いようです。

また、外観と乗り心地の良さ以外にも注目を集めているのは内装で、デザイン性と機能性を兼ね備えた大人の品格を感じさせる仕上がりも人気となっています。

このようにCX-5は乗る人全てに快適なドライブ空間を与えることができる車であることから、ファミリーカーとして使用したいと考える方も増えているようです。

ただ、そういった方が気になると思うのが、家族が乗ることになる後部座席の広さや乗り心地、使い心地だと思います。

CX-5の後部座席は3人掛けとなっており、各シートを個別で倒すことができるなど4種類のシートアレンジが可能です。

高級感漂うデザイン性に優れたシートは、長時間のドライブでも快適に過ごせるよう人間工学に基づいて設計されているうえに、新型CX-5ではリクライニングも可能となったことで乗り心地の良さもさらに向上しています。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

そして、気になる後部座席の広さですが、後部座席に身長170cmほどの男性が座った場合には男性の膝と前の座席まで握りこぶしが2つ分入る程度の余裕がある広さとなっており、後部座席の足元のスペースとしては決して広々としているとは言えません。

しかし、前の座席の下に後部座席に座っている人の足が収まりやすいように設計されているので、リクライニング機能を上手に利用して足を前の座席の下まで伸ばせば、後部座席に乗っての長時間ドライブでも間違いなく快適に過ごすことができるはずです。

ですから、新型CX-5はかなり便利に使えるファミリーカーとしておすすめです。

スポンサードリンク

後部座席がリクライニングになった新型CX-5

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

CX-5はマツダのSUV車で、ガソリンとクリーンディーゼルを併用燃費が良く、ドライバーのアクセル操作に合わせて快適な走行が特徴の車です。

外観は大人っぽい上品な品格と躍動感のある力強い雰囲気を醸し出しています。

カラーバリエーションはソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレープレミアムメタリック、スノーフレークホワイトパールなど8種類が用意されています。

室内は縦が183cm、横が最大136cm、高さが95cmあり広々とした空間で上質な5人乗りシートです。

前部座席は背もたれにかかる体からの圧力を広く分散し、場所に応じて剛性を強化することで体幹をしっかりと支え、長時間の運転でも疲れにくいように工夫されています。

後部座席はリクライニングシートになっていて、ゆったりと快適に座れる角度に調節することができ、そのリクライニング機構はCX-5の全車に標準装備となりましたので。

マツダは長距離のドライブでもゆったりと車内でくつろげるような空間を追及して来たので、CX-5の新型では前部座席に関してはセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせてバランスよく座れるようにしたり、助手席のシートの高さを変えて乗り降りをしやすくしたり見晴らしを良くしたり、後部座席を以前にはなかったリクライニングシートにするなどの工夫が行われました。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior2/?link_id=sbnv

荷物を置く場所も広くとられていてサブトランクボックスも含めて505Lの容量があって広いうえ、後部座席が二つに分かれていてそれぞれの背もたれを前方に倒すことができるので、荷台で寝転ぶこともできます。

安全性も高くなり、見えない部分の危険察知をサポートする機能や夜間の歩行者を認識する機能のある360度ビューモニターやアドバンスSCBSが搭載されました。

またすべてのグレードに「自動ブレーキ」「ペダルふみ間違い時仮足抑制装置」「車線逸脱警報」先進ライト」を搭載した「サポカーSワイド」が標準装備されているので、CX-5は安全に快適に乗れる車です。

スポンサードリンク

CX-5の特徴やインテリア、荷室容量などについて

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

CX-5はマツダの車で5人乗りのSUVタイプです。

パワートレインに2.5Lのガソリンターボを搭載し、より強く上質な走りを実現しました。気持ちがよい加速が味わえるターボエンジンに加え、マニュアルトランスミッションディーゼルガソリンも登場し、選択肢が広がっています。

マツダは今まで「人馬一体」の走りを目指し減速や旋回、加速などがなめらであることを追求し、ブレーキとハンドル、アクセルなどの操作や応答感などに一貫性を持たせ運転しやすいように工夫されてきました。

それをさらに進化させるために「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と人間中心の開発思想のもと、「G-ベクタリングコントリールプラス」という制御機能を開発しました。

それは人間の特性に基づいて車がどうあるべきかということで考えられていて、なめらかな加速を実現させていたのですが、CX-5ではさらにブレーキ制御の機能も追加されたので、車両姿勢が安定し安心感のある動きを実現します。

洗練された力強さのあるエクステリアは骨太で安定したつくりになっていて、品格があり仕立ての良さが感じられ、磨きあげられたSUVにさらに磨きがかり、より美しいフォルムとなっています。

インテリアも心地良い緊張感もくつろぎもどちらも感じられる空間で、すべてのパーツは質感にこだわり精微に仕上げてあります。

美しく水平基調のコンソールパネルや上質感があり仕立てが良いシートが大人の品格を漂わせ、ドアを閉めた瞬間にすべての人が心地よくなります。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/cockpit/

人間の下半身の形に沿った形状のシートやリクライニングシートが長時間のドライブも疲れさせません。

また収納スペースにもこだわりカップホルダーやドアポケットを充実させ、荷室容量はゴルフバッグが4つも入る550Lが確保されています。

荷室には12V電源ソネットやサブトランクボックスなども備え、4つのフックも用意されていて荷物を掛けるにも便利です。

さらに荷室に照明がついているので夜間でも荷物の出し入れがスムーズにできるように工夫されています。

ドライブグッズの収納場所豊富なCX-5で車中泊

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

CX-5はマツダのSUV車で、静かで上質で思いのままに走ることを実現するためにガソリンターボエンジンが搭載されています。

ガソリンターボエンジンはガソリンとクリーンディーゼルの2つを備え、その2つが車を快速に走らせてくれるのです。まっすぐな応答性と優れたコントロール性がドライバーのアクセル操作に的確に反応して思いもままのドライブが楽しめます。

またアクセルを軽く踏んで一定の速度で走行しているときには4気筒のうちの2気筒を休止させることで燃費を良くしたり、ピストンの上面とサイド面の形状を見直し、中低速域でのタイヤを回す力「トルク」と実用燃費の向上を図っています。

さらに燃料の粒をさらに細かくしたり、排気温度の上昇を抑制するように排気ポートの形状を見直したり、冷却水制御バルブで冷却水の流量を制御して暖気効率を高めるなど燃費の向上に努めています。

CX-5のエクステリアは上質感が漂うSUVスタイルで、躍動感があふれる力強さと洗練されたフォルムです。

車内の広さは公式で縦が183cm、横幅が最大で136cm、天井までの高さは95cmと広々としていて、インテリアとしてはコンソールパネルやシートに選び抜かれた上質な素材を使い、人間の座った時の形に合わせた形状のシート長時間のドライブでも疲れを軽減させてくれます。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior2/

フロントシートは人とシートの間に熱がこもらないようにベンチレーション機能を備え、背もたれと座面に広範囲で吸出し口を設けていて冬の冷え防止にも役立っています。

後部座席にはリクライニングを採用しより快適な乗り心地を実現しています。

さらにドライブグッズなどを収納するポケットや505Lものスペースがあるラゲッジルームが備えられているので荷物をたくさん持っていく家族での旅行などに適していて、車中泊もできる車です。

後部座席は2席ずつ背もたれ部分を前方に倒すと、さらに荷物を多く積めたり、車中泊の際はそのうえでまっすぐな状態で寝ることも可能です。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

 

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク