下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

いざ、新車を購入しようとした時気になるのはお金の問題です。

今話題の残価設定や損をしないローンの組み方など、まとめてみました。

スポンサードリンク

MAZDA CX-5は月々のローン支払いが便利です

日本人の国民性は借金を好まず貯蓄を好むと言われていますが、支出の性質次第ではローンで購入して月々の支払いをする方が合理的な買い物もあります。

代表的なものが住宅ローンで、住宅購入の場合は最長35年の長期低金利に加えて住宅ローン控除という税制支援迄ついてきます。

自動車と住宅の共通点は、その時かぎりで消費するものではなく購入後長期間利用できる財産でもあることです。

将来にわたって利用できる効果と、財産の購入という点を考えると、車というプラスの財産と借入というマイナスの財産は両建てになって財産は減っていないということもできます。

カーローンには金利がかかりますが、借入金と金利ではなく毎月の自動車の利用料と考えると、レンタカーやカーシェアリングと異なりいつでも自分のそばに車がある安心感を手に入れることができます。

一般的にローンの金利や期間などの借り入れ条件は、借り手の財産や収入によって評価する返済能力と、返済能力と表裏一体の関係にある貸し手の回収リスクで決まります。

借り手の年収が多かったり、十分な担保があれば貸し手のリスクが少なくなるので低金利での資金調達が可能です。

自動車の場合は販売店の提携ローンと、金融機関のカーローンがありますが、販売店提携の方が自動車の価値評価が明確なので低金利になることもあります。

また、毎月の支払いで購入した場合でも車の財産としての価値は買った値段通りにはなりませんが、MAZDAのCX-5なら20代から熟年まで幅広い年齢層に人気なので中古車市場での値崩れの心配も少なくなります。

CX-5を購入するなら、販売店提携の低金利ローンがないかを確認して、3年や5年など乗り続ける期間を予測してその間に支払いを終えるように毎月の返済を計算すると有効です。

その際に返済期間終了後に車を乗りかえるか、年齢的に免許返納時期を視野に入れるなら残価設定型の借入も月々の返済を抑えられて便利です。

 

スポンサードリンク

CX-5のローンシュミレーションで無理のない支払いを

CX-5の車両価格は約260万円から390万円弱となっています。

さらに諸費用やオプションなども加算されるので、割引があったとしてもプラス10~20万円を見ておく必要があります。

決して安い額ではないので、現金一括で支払うことが難しいという方も多いことでしょう。

予算オーバーであれば通常諦めるしかないわけですが、ローンを組むことができればいま手持ちがなくても購入が可能となります。

ローンにはディーラーが用意しているものを利用する方法と、銀行などの金融機関が提供しているマイカーローンを利用する方法と主に2通りあります。

銀行のマイカーローンは金利が低く抑えられているのでおすすめですが、ディーラーの金利もきちんと確認した上で、決めるようにすると良いでしょう。

いずれのローンを選んだとしても審査に通らなければ利用することができません。

過去に金融事故を起こしたことがある方は、審査に通らない可能性が高いです。

ローンを組む際には、支払回数を決めなければなりません。

通常12回払いから最長60回払いまでありますが、回数が多くなればなるほど月々の支払額を少なくすることができます。

しかし、支払回数が多いとその分金利がかさみ、最終的な支払総額は増えてしまいます。

シュミレーションをしながら、月々の支払額に無理がないかチェックしてみると良いでしょう。

また支払方法にはボーナスを併用する方法を選ぶこともできます。

ボーナスを併用することで月々の負担を減らし、さらに支払回数や総額も大幅に減らすことができますのでおすすめです。

ただボーナスは確定したものではないので、ボーナス時に支払う金額もあまり大きくしないほうが無難です。

ローンを利用する場合の注意点として、車の名義が購入者本人にならないことがあります。

そのことによって、たとえば車を売却したいときに勝手に売却することができないなどの不便が生じる可能性があるので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

CX-5は残価設定型ローンの利用で購入することがおすすめ

多目的に利用できるクロスオーバーSUVは多くのメーカーからリリースされており、コンパクトクラスからラージサイズまで、希望するタイプを選んで購入できるようになりました。

マツダのSUVでは特にミドルクラスのCX-5の人気が高く、2016年にフルモデルチェンジを果たした2代目(現行モデル)は、取り回しの良さや走行性能、居住性に大きなアドバンテージから売れ行きランキングの上位に位置しています。

車両本体価格は、ガソリンエンジンのベーシックモデルで250万円台から、ディーゼルエンジンのベーシックモデルが280万円台からと、ライバルの各車と比較しても安価であるという点も魅力的です。

さらにマツダでは積極的に残価設定型ローンの展開も行っておりますので、より手軽にCX-5を手に入れることも可能です。

マツダの残価設定型ローンは、「マツダスカイプラン」と名付けられており、実質年率が2.99%という低さであることも人気の理由です。

マツダスカイプランを利用してCX-5を購入する人はかなり多くなっており、現在では一般的な購入方法として定着していると考えて良いでしょう。

引用:https://kurumacx5.com/wp-admin/post.php?post=51&action=edit

なお、残価率(3年後に買い取り金額を担保する割合)は55%と高く、安心して残価設定型ローンを利用することが可能です。

一例として、頭金を約20万円とした場合には、車両本体価格が300万円前後のグレードのCX-5を、1ヶ月あたりおよそ3万円ボーナス時に9万円という比較的軽い負担額で購入するプランが利用できます。

全額をローンで購入した場合と比較すると1ヶ月あたりの負担額が大幅に抑えられることがメリットとなります。

このモデルプランよりも頭金を多めに用意した場合には、さらに1ヶ月あたりの負担額が減少しますので、ライフプランに合わせた買い方を選択することができるという点も魅力的であると言えます。

余裕のある走りと、美しいスタイリング、そして最先端の安全装備を兼ね備えたCX-5を残価設定型ローンでお得に購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

CX-5の年間の維持費について

マツダのCX-5は、都会型SUVとして高い人気を誇る車種です。

そのため、購入を検討している人も多く、そのような人たちが気になっている点が年間の維持費です。

CX-5の年間の維持費を見ていくには、パワートレインごとに確認していく必要があるのです。

CX-5には四種類のパワートレインが用意されています。まず、2リッター自然吸気エンジンの年間維持費について、自動車税が39500円です。

主要なランニングコストは燃料費です。

2リッター自然吸気エンジンはレギュラーガソリンを燃料とします。

燃費は14km/L、1リッターあたりのガソリン代を150円で1年の走行距離を1万kmで燃料費を算出しますと、107100円程度となるのです。

自動車税と燃料費を合算しますと、年間の維持費は146600円となります。

2.5リッター自然吸気エンジンの場合、自動車税が45000円です。燃費は12km/L、燃料はレギュラーガソリンですので1リッターあたり150円で1年の走行距離を1万kmで燃料費を算出しますと、125000円程度となります。

自動車税と燃料費を合算しますと、年間の維持費は170000円となります。

2.5リッターターボエンジンの場合、自動車税は45000円です。

燃費は10km/L、燃料はレギュラーガソリンですので150円で1年の走行距離を1万kmで燃料費を算出しますと、150000円程度となります。

自動車税と合算しますと年間の維持費は195000円となります。

2.2リッターディーゼルターボエンジンの場合、自動車税は45000円です。

燃費は15km/L、燃料は軽油ですので1リッターあたり120円で1年の走行距離を1万kmで燃料費を算出しますと80000円程度となります。

自動車税と燃料費を合算しますと、年間の維持費は125000円となります。

年間の維持費が最も安価となるのは、2.2リッターディーゼルターボエンジンということが分かります。

上記以外に、自動車保険も合算されますので、プラス10万円から12万円ということになります。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク