下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

大きすぎて運転しづらいんじゃないの?などと思われがちなSUV車。

「安全性」や「運転性能」についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

CX-5の運転しやすいポイントと運転しにくいポイント

CX-5の運転のしやすさに関しては賛否両論あります。

運転しやすいポイントから見ていくと、まずアイポイントの高さが運転に有利に作用します。

ドライバーズポジションになった時にも、車高が高いことで見晴らしが良く感じられることでしょう。

周囲の情報を把握しやすくなるため、大きめの車に不安を抱く人でも、実際に乗ってみると意外とコントロールをしやすいと感じられるはずです。

軽快なハンドリングやレスポンスの良いアクセルも運転しやすさに貢献しています。

サイズから受ける印象は重たいものと思われますが、ハンドル操作はシャープで思い通りに切ることができるでしょう。

アクセルに関しても素直に踏み込みに反応してくれるため、もたつきを感じにくい仕上がりです。

ただ、CX-5にはガソリン車の設定以外に、ディーゼル車の設定もあります。ディーゼルの場合、低速域でもたつきを感じるというオーナーもいます。

一方の運転しにくいポイントとしては、ロングノーズの影響がひとつに挙げられそうです。

フロントが長いデザインになっているのが特徴的ですが、先端の把握に少し戸惑ってしまうかもしれません。

狭い道を曲がる時などにも、前方が確認しにくく不安を感じる可能性があります。
小回りに関しても運転のしにくさを感じる可能性があります。

最小回転半径は5.5mとなっており、極端に小回りがききにくいということはありません。

しかしながら軽自動車やコンパクトカーなどからの乗り換えの場合、やや回りにくく感じるはずです。

その点を踏まえ、曲がる時などには少し大きめに舵を切る意識を持つことで、スムーズに操作することができるでしょう。

リアの見切りの面でも難があります。

デザインの影響もあって、後方の視認性があまり良いとは言えません。

したがってバックなどをする際にはより一層慎重な姿勢が求められると共に、バックモニターを有効活用するなどしながら安全確認を行った方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

CX-5の安全性、自動ブレーキについて

 

CX-5はMAZDAが販売するクロスオーバーSUVで、2012年に発売されたKE系と2016年にフルモデルチェンジされたKF系があります。

2018年にはエンジンが大幅に改良され2.5L直噴ターボエンジンが搭載されています。

国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS」のワイドに該当するための先進安全技術を全グレードに標準装備しています。

夜間歩行者の検知機能やギアの入れ間違い、ペダルの踏み間違いによる急発進を抑制、状況に応じてヘッドライトの自動照射、車線を超えそうなふらつきを警告、これらがワイドに該当するものです。

この性能によってドライバーのミスによる目前に迫った事故の回避や被害、ストレスの軽減をあらかじめ抑えることが出来ます。

その他に後退時に超音波センサーで障害物を捉えてブレーキを自動制御して衝突の被害を軽減するスマートシティブレーキサポート、バックで駐車場から出る際や車線変更時など死角となる車や傷害物を警告してくれるシステムなどがあります。

また、子どもの飛び出し事故に備えるアドバンススマートシティブレーキサポートや車に酔わないように身体の揺れを抑制したGべクラリングコントロールの技術が評価され第10回キッズデザイン賞も受賞しました。

現在、車に搭載されている自動ブレーキは各メーカーで性能に違いがあり、50㎞/hから作動するものもあれば25㎞/hでも止まれないほど狭いスピード域でしか作動しないものもあります。

MAZDAは世界的に採用されているイスラエルのモバイルアイ社の新型カメラを取り入れ、停止している車両に対して50㎞/hで接近して自動停止も可能となりました。

各自動車メーカーと一切接点を持たない第三者機関の独立行政法人自動車事故対策機構が実施した安全性能テストでは駐車車両の陰から歩いて出てくる歩行者のテストで45㎞/hまで停止し、世界的に見ても最新の高性能と評価されました。

 

 

スポンサードリンク

CX-5の横滑り防止機能は世界最高レベル

日本的な美しさと、ヨーロッパの深みを併せた魂動デザインが印象的なマツダCX-5。

エンジンもガソリンに加えて、パワフルで静かそして燃費も優れたディーゼルエンジンも選べるとあって、特に車にこだわりを持つ層に絶大な人気があります。

しかし、CX-5の魅力はデザインと動力性能だけではありません。

本当の魅力は、ドライバーと一体となった走る楽しさ。

特にドライバーをサポートする横滑り防止機能であるTCS (トラクションコントロールシステム)は、世界最高レベルに仕上がっています。

TCSは、水にぬれた路面や雪道など、滑りやすい路面で威力を発揮するものです。

そういった滑りやすい路面での発進でいたずらにアクセルを踏み込んだり、カーブなどの旋回時にハンドルをラフに切ったりすると、駆動輪が空転を起こし、横滑りが始まります。

場合によっては事故にもつながる横滑りを防止するのが、TCSの役割です。

CX-5の場合、駆動方式にFF(前輪駆動)とAWD(オールホイールドライブ、4WDとも言います)が選べます。

どちらの場合も、TCSはセンサーからの路面状況に加え、ドライバーが操作するアクセル深度、ハンドルの切れ角などの情報を総合して判断し、ドライバーの意図を汲んだうえで、発進や旋回加速時に起こる駆動輪の空転を防ぎ、適切な駆動力と操縦性を確保する装置です。

実際に雪道を走ってみると、この横滑り防止機能があるかないかでは、走りやすさには歴然とした差があります。

たとえば坂道のスタートでアクセルを踏んだ時、TCSが機能していれば何事もなかったように車は動き出します。

また、冬の山道では先が見えない急カーブを曲がったら、急に道が凍結していたというケースもあります。

そんな場合でも、安定して確実に曲がることを可能とします。

もちろん過信は禁物ですが、ドライバーはよけいなことに神経を使わず、ハンドルとアクセルの操作に集中できるのが、CX-5に搭載されたTCSの優れた点です。

 

 

CX-5の運転支援システムについて

CX-5の運転支援システムには定評があります。

その背景には、現在お年寄りの起こす事故が増えており、それが大きな事故になっており車業界も頭を悩ませる問題となっているからです。

アクセルとブレーキの踏み違いや死角における事故などです。

その問題に車業界もどのように取り組んでいるのでしょうか。

この点CX-5の車にはそれを支援するための技術が搭載されています

例えば、クルーズコントロールや自動ブレーキシステム、衝突回避システムや危険認知システムや車線はみ出し抑制システムなどです。

これらの技術は疲れを軽減させる点で人を助けたり、人が見落としがちな部分を補助したり急な変化に対応する点での助けとなります。

車の乗り心地はもちろん良いものですが、やはり長い時間運転しようと思う場合や時折疲れてる時に運転しなければならない時、体力の面で限界が出てきます。

その際クルーズコントロールや自動ブレーキシステム、車線はみ出し抑制システムなどこれらの機能を用いるなら体がかなり楽になります。

高速道路などずっと真っ直ぐ走る場合には、これらの機能は最適です。ストレス軽減に役立ちます。

また渋滞時間の運転は、誰も好きな人はいないと思います。

長い時間渋滞にはまってしまうと集中力の面で限界が生じます。

それが仕事の帰り道ですと疲れもピークに達し車両感覚を見間違え、前の車にぶつかってしまうなど少しの気の緩みが事故を誘発することがあります。

また買い物の際の車庫入れは、かなり気をつかうものです。

前に進む以上に後ろに進むのは、視野も悪いので難しいと言えます。

そこで、衝突回避システムや危険認知システムや自動ブレーキシステムなどの機能は、交通事故防止の面での大きな助けとなることでしょう。

CX-5は様々な箇所からセンサーを出し、子供の飛び出しなど急な動き変化にも応答し、人では反応できなくてもこれらの機能が反応し対応してくれるのは頼もしいかぎりです。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク