下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

コンパクトSUVとして人気のCX−5ですが、実際の乗り心地はどうなのでしょうか?

サイズ感や居住性など、まとめてみました。

スポンサードリンク

サイズ感や居住性に関わるCX-5の外寸

コンパクトSUVと評価されるCX-5は、外寸に目を向けても、やはりそのサイズ感を感じることができます。

全長は4540mmで、ライバル車と比べても控えめな数字となっています。

対する全幅は1840mmと標準的なので、極端に大き過ぎるということはないと思われます。

全高は1705mmとこちらも抑えられていますから、車高制限があるような場所でも余裕です。

このように、CX-5の外寸は全体的にコンパクトで、文字通りコンパクトSUVの評価に相応しいサイズ感だといえるでしょう。

ボディサイズがコンパクトなので、内寸や居住性に影響があると思われがちですが、その点も良く考えられているので安心です。

というのも、室内寸法は前後の長さがが1900mm、1530mmの横幅と1280mmの高さが確保されています。

つまり、乗車した際に外観に共通するコンパクトさは感じられますが、逆に狭さや窮屈さは感じにくいと考えられます。

外寸からは想像できないような、このボディサイズに良くこれだけの機能や居住性を収めることができた、そう思える凄さがあります。

2WDも4WDも、CX-5の寸法は共通でサイズ感は同じですから、後は好みで選ぶことが可能です。

ガソリン車とディーゼル車の比較においても、同様に寸法的な違いはなく、ボディサイズは共通となっています。

ライバル車は外寸が全体的に大きめで、中には全長が100mm以上も違う車も存在します。

100mmはもはや誤差ではありませんし、数値の上でも無視できない差だといえます。

車の設計の方向性や良し悪しは外寸に表れやすく、特に全長はメーカーや車種によって大きく違ってきます。


CX-5はコンパクトさを重視しており、設計を詰めて合理化が進められた結果、この驚異的な全長を達成しているわけです。

全長を抑えて引っ込めると、今度は全幅や全高に影響が出やすいものですが、マツダは見事にCX-5のサイズをバランス良く保っています。

それだけ完成度が高いことを意味しますし、根強い人気があるのも当然だと分かります。

 

スポンサードリンク

CX-5にキャリアを積むと機械駐車場に入らない事もあるので注意

CX-5は全長×全幅×全高が4,540×1,840×1,705(m)という寸法になっていて、一般的な車と比較すると大きいサイズになっているということがありますから、利用時には注意が必要です。

特に機械駐車場を使用するという時には、入らないという事も考えられます。

キャリアのようなものがなければ、大抵の場合は大丈夫ではありますが、キャリアがあるとこれはかなり厳しいと考えた方がいいでしょう。

機械駐車場の場合はより多くの車を効率的に収納するという事を考えているので、大きな車の場合は入らないという事も考えられます。

ですから、キャリアを積んでいるような場合では、実際にどれぐらいの高さになっているのかという事を測っておくという事をした方がいいでしょう。

どんな駐車場でも高さについて制限がある場合は、その高さを寸法で明記しているようになっています。例えば2m以上は入る事が出来ません。

というような事が入り口には明記されているという事です。時々キャリアをつけている事を忘れて侵入してしまうという事があるので、そのような事がないようにしておく必要があります。

一般的な野ざらしの駐車場であれば、まず利用できるはずではありますが、そのようなところでも駐車場の中に仕切りがあって、軽自動車専用の駐車場のようなところもありますから、そこには停められないので注意が必要です。

CX-5は収納力が魅力の車ですから、必然的に全てのサイズが一般的な車よりも大きめになっているという事を常に考えておいた方がいいでしょう。

 

これは駐車場以外でも、道路を走っている時でも普通の車よりも大きいという事を自覚して運転をすべきという事も言えるのかもしれません。

狭い道路などではなかなか行き違いになる事が難しい事も考えられますから、運転時には注意をして運転をする事が必要になります。

慣れれば特に問題はないはずですが、車幅感覚をつかむまでは一般的な車よりも大きいと自覚しておく必要があります。

 

スポンサードリンク

CX-5の外装パーツをいくつか理解しておくと便利

 

ドレスアップしたいときに便利なのがCX-5の外装パーツです。

012年に発売されたマツダのCX-5は日本カーオブザイヤーにも輝いた車で、海外でも不動の人気を誇っています。

それだけに外装パーツの数も多く、使い勝手がよくなるものまであるのでCX-5を持っている方は知っておくといいでしょう。

例えばダックスガーデンのアイランは専用のエアロアイラインで、シグネチャーウイングを意識したデザインが魅力目つきを鋭くして威風堂々としたフロントフェイスに仕上げてくれます。

突起形状のライトを使っているのでLEDテープが装着できるためライトハウジングのように見せる事が可能です。

ライトインサイドカーボンガーニッシュはヘッドライトを横長に見せたいときに使えます。

シャープな見た目にしたいときにいいでしょう。

カーボンパネルは純正Cピラーにかぶせるように装着できるのが特徴、サイドのウインドウ面積を広がっているように見せる事ができます。

スタイリッシュかつスポーティな見た目にしたいときにかなり使える商品です。

エンブレムベースはケンスタイルのものがおすすめレーダークルーズコントロール装着仕様だとフロントを変更する場合機能が使えなくなってしまうのがネックと言えます。

エンブレムベースを装着して純正エンブレムを移植できるのがケンスタイルのエンブレム、これによりレーダークルーズコントロールが使えるので安心です。

オートエグゼのスポーツワイパーブレードはウインドディフレクターを装備しているのが強みと言えます。

走行中に発生する風圧をワイパーが受けると雨高速走行のときに視認性を高めるため安全性が増す仕様です。


アイランガーニッシュはロエンのものがシャープ、Mデザインを採用して前方部分をゴツく男らしい見た目にできるのでかっこよさを求めている人にいい商品といえるでしょう。

商品は数多く用意されているのですが、その大半は機能面を重視したものです。

 

CX-5の外観デザインについて

マツダが製造、販売しているCX-5は、新世代の都市型SUVとして大きな注目を集め、高い人気を博しています。

CX-5のデザインコンセプトは魂動です。

躍動感のあるアグレッシブさの中に、ヨーロピアンな上質さも兼ね備えた独特の形状となっています。

デザインコンセプトの魂動は、その他のマツダ車にも適用され、流麗なフォルムを纏った車種が続々と登場していきました。

魂動をデザインコンセプトとしたマツダ車は、ワールドカーオブザイヤーのファイナルまで残り、そのデザイン性の高さを世界に知らしめました。

その根源的存在とも言えるのがCX-5の外観デザインなのです。

CX-5の外観デザインは、SUVでありながらクーペスタイルのような流麗なフォルムとなっています。

流れるようなボディラインを描き、その曲線は全て空力に基づくものであり、自動車としての走行性能を最大限に発揮できるための外観デザインとしているのです。

流麗なフォルムには曲面が多用されており、美しい光沢を放ちます。

見る角度によって陰影が変化し、どの角度から見ても美しいボディラインを形成しています。

CX-5に用いられた特徴的なフロントグリルは、後に登場した他のマツダ車にも適用され、マツダのデザインシンボルとなりました。

フロントからリアにかけての迷いなき曲線は、見る人を魅了します。

ヘッドライトもデザインが破綻しないように設計されており、ボディと一体となって外観を形成しているのです。

魂動をデザインコンセプトとしたCX-5の外観は、これまでの自動車に見られなかったデザインであり、新世代の到来を予感させるものとなりました。

実際にCX-5はシェアを拡大しており、その人気の高さをうかがい知ることができるのです。

CX-5が切り拓いた新たなデザインの可能性が、これからの自動車業界に大きな影響を与えることは間違いありません。

記録に、そして記憶に残るようなSUVとなるでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク