下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新世代の都市型SUVとして人気の高いマツダCX-5。

毎日乗るとなると運転時の取り回しや収納力、室内空間の心地良さなどはどうなのかまとめてみました。

スポンサードリンク

CX-5の大きさについて

マツダが製造、販売しているCX-5は、新世代の都市型SUVとして高い人気を誇る車種です。

大きな注目を集めていることから、購入を検討している人も数多く存在します。

購入の際の検討材料として、車体の大きさが挙げられます。

車体の大きさは運転時の取り回しのしやすさに影響し、室内空間の広さは快適性に影響します。

CX-5の大きさをボディサイズから見ていきますと、全長4545mm全幅1840mm全高1690mmと、都市型SUVとしては平均的な寸法となっています。

街中での取り回しのしやすさは確保され、全幅が1840mmありますので高速巡航時の安定性もあります。

街中から郊外、そして高速道路とあらゆる道路に適したボディサイズと言えるでしょう。

ボディサイズに対し室内空間は、室内長1890mm室内幅1540mm室内高1265mmとなっています。

ボディサイズに対して効率よく室内空間が確保されていることが分かります。

室内長が1890mm確保されていますので、大人が前席と後席に乗車しても足元にゆとりが出来るほどのスペースとなります。

大柄な人が前席に乗車しても、後席にはゆとりがあります。

室内高が1265mm確保されていますので、頭上のスペースにゆとりがあります。

天井に圧迫感を感じることはありません。

長時間のドライブでも前席、後席共に疲れることは無いでしょう。

近距離から長距離までを想定した室内の大きさとなっているのです。

CX-5の大きさを外寸と室内寸法の両側面から見た際、取り回しがしやすいボディサイズであることから、街中での運転でも気を遣うことなく運転することが出来るため、疲れることがありません。

ロングドライブでも広々とした室内空間が確保されていますので、快適なドライブを楽しむことが出来ます。

マツダのCX-5は、あらゆる場面を想定した実用的な大きさの、まさに都市型SUVの理想形とも言える自動車と言えるのです。

 

スポンサードリンク

CX-5のサイズ感が気になります

マツダの新型CX-5は、なんと言っても高級感がある見た目とかっこいいそのデザインからも購入を検討している人も多い人気の車種ではないでしょうか。

そこで、購入を検討する際に、非常に重要な要素となってくるのが、そのサイズ感ですよね。

こちらでは、そんな気になる新型CX-5のサイズ感をご紹介していきます。

新型CX-5の全長は454.5cm、全幅が184cmと、ここまでは旧型と全く同じですが、全高が169cmと旧型よりも1.5cm低く作られています。

わずか1.5cmの差ですので、あまり変わらないのかと思う方も多いと思いますが、実際の見た目は新型の方がずいぶん低くなった印象を受けます。

そうすると、室内の圧迫感が気になるところですが、シートの角度やリクライニング機能が向上しているため、1.5cmの差は特段気になるものではなく、室内の快適性は向上しているので特段心配はいらないようです。

また、高さが低くなった分女性子供高齢者の方などにとっては乗り降りしやい優しい設計になったと言えるので、ファミリーには嬉しいポイントとなるのではないでしょうか。

同じSUV車で人気のトヨタのハリアーやSUV車の中ではコンパクトなつくりの日産のヴェゼルと比べてみると、新型CX-5はハリアーほどは大きくなく、ヴェゼルほど小さくはないサイズ感と言え、多用途で使いやすい車と言えそうです。

ハリアーは少し大きめのSUV車ですが、そのハリアーよりも新型CX-5は横幅だけが0.5cm大きいつくりになっています。

旧型との変更もなく、わずか0.5cmの差ですので、こちらもハリアーよりも駐車時に止めにくいと言った問題もないようです。

また、ラゲッジルームの大きさで比べてみると、新型CX-5はヴェゼルはもちろんハリアーよりも容量が大きく作られており、お休みの日に家族でよく遠出をするファミリーや車で旅行することが多い方にはぴったりな車種ではないでしょうか。

なんと言ってもこの車はマツダならではの走りも魅力ですから、実際にディーラーで試乗してみるとサイズ感の違いやドライブの感触も試すことができるので、あなたも気に入ってしまうはずですよ。

 

スポンサードリンク

CX-5とライバル車のサイズ比較で検討してみましょう

 

ミドルサイズの多目的SUVが人気を集めており、マツダではCX-5がそれに該当します。

一回り小型でコンパクトクラスがベースとなっているCX-3より一回り以上大きく、7人乗車が可能なラージサイズのCX-8よりは全長がやや短めという絶妙なサイズ感です。

町中での取り回しに優れている一方、5人での乗車も余裕でこなせるというちょうど良さが人気となっています。

2016年に現行型となったCX-5のと旧型のサイズ比較は、全幅がどちらも1840mmと変更なし、全長が4540mmから4545mmとわずか5mmの拡大全高が1705mmから1695mmへ10mm低く設定されました。

ワイド感のあるフォルムでわずかに全高を下げたことによって、よりスポーティーでスタイリッシュなスタイルを実現しています。

全幅が1840mmとやや広めな点は近年のSUVに共通している部分で、日本国内では5ナンバーサイズの小型車の枠が1700mm以下であることを考えると、駐車スペースなどで大きさを実感することとなりがちです。

操縦安定性や全体的なデザインバランスを考えると妥当な大きさと言えるでしょう。

ライバルとなる他メーカーの車と比較すると、トヨタのハリアーとサイズ比較すると全幅と全高はほぼ同じ、全長はCX-5がややコンパクトとなります。

日産のエクストレイルサイズ比較をすると、全幅はCX-5がややワイド、全高はエクストレイルがやや高く、全長はCX-5が短くコンパクトとなります。

一般の市街地での走行に関しては、全長が比較的コンパクトであるCX-5が一歩リードしていると言えるでしょう。

 

都会的でスタイリッシュ、スマートなイメージが強いCX-5に対し、走破性やアクティブツール的な使用方法を希望する方はエクストレイル、豪華さと高級感を味わいたい方はハリアーと、すみ分けができています。

CX-5はライバル車と比較しても価格面でのアドバンテージがあり、サイズ比較でも取り回しの良さが抜群ですから、多くの方に選ばれている人気車種となっています。

CX-5のサイズをカタログ表から確認する

マツダのCX-5は、都市型SUVとしては運転時に取り回しのしやすいボディサイズであり、街中や郊外、高速道路など場面を選ばず運転を気楽に楽しむことが出来る車種として人気を集めています。

そのCX-5のサイズを、カタログ表の数値を基に確認をしていきます。

CX-5の外寸は、カタログ表から見ますと、全長4545mm全幅1840mm全高1690mmとなっています。この数値から分かることは、一般的な駐車場であれば駐車することが可能であるという点です。

都心部になりますと駐車スペースが狭いところもあり、車種によっては駐車が出来ないといったことも起こりますが、CX-5は全長が4545mm全幅が1840mmですので、駐車場の枠内に収めることが可能なサイズとなっています。

機械式駐車場においても、全高が1690mmとなっており、1700mmを超えていませんので、問題なく駐車することが可能です。

運転時の取り回しのしやすさという点からすると、全長が4545mmですので、ホイールベースがそれほど長く取られている訳ではなく、内輪差を気にせず運転することができますので、運転しやすいボディサイズであることが分かります。

室内のサイズに関しては、カタログ表の数値では室内長1890mm室内幅1540mm室内高1265mmとなっており、前席と後席に大人が乗車してもスペースにゆとりが出来るサイズが確保されていることが分かります。

室内高が1265mm確保されていますので、大柄な人が乗車しても天井に圧迫感を感じることはありません。

 

ゆったりと乗車することができますので、ロングドライビングでも疲れを感じることのない室内寸法となっています。

このように、CX-5のサイズをカタログ表から確認しますと、運転の取り回しがしやすく駐車スペースを選ばない外寸となっており、長距離ドライブでも疲れない程の広々とした快適な室内空間が確保されていることが分かります。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク