下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

今やマツダの顔とも言える大人気SUVのCX-5!その性能や先代モデルからの進化点など人気の理由を見てみましょう!

スポンサードリンク

CX-5のスペックについて

2017年2月2日よりフルモデルチェンジした新型CX-5

初代同様、エンジンは「PE-VPS」型2.0Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、「PY-VPS型」2.5 Lガソリン「SKYACTIV-G 2.5」、「SH-VPTS」型2.2 Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」の3種類が価格、グレード別に設定されます。

スペックについては、最高出力は2WD車用が、+2kW(+2PS)の140kW(190PS)、最大トルクは+1N・m(+0.1kgf・m)の251N・m(25.6kgf・m)と僅かに向上。

細かなグレードを見ていくと廉価版の20S、20S PROACTIVEにのみ2.0Lのガソリンエンジンを搭載し、他は全て2.5Lのエンジンとなります。

また、クリーンディーゼル搭載のモデルについては、全グレードで2.2Lのエンジンとなります。

ガソリンエンジンモデルは、2.0Lと2.5Lでは156馬力と188馬力で、結構な差があるため、20万円程のアップに価値を感じるか否かはあなた次第です。

ディーゼルでは、トルクフルでガソリンとは違う心地よい加速と乗り味が実現されています。

CX-5といえば、大きなボンネットに目が行きますが、それにふさわしいパワーを秘めていると言えます。

先代モデルと比べると

さて、気になるのは先代モデルとの違いです。

アクセルペダルを踏み込んだ加速感は、はっきり言ってほぼ違いはありません。

しかし、ステアリングの操作性がかなり改良されており、正確できびきびとした走りがより楽しめるようになりました。

さらに、サスペンションも進化しており、価格相応の上質なシートと相俟って乗り心地も順当に進化したと言えます。

フロント部分の意匠は、ヘッドライトがシャープになり、やや人を選ぶデザインとなってしまいましたが、中身は先代の良さをしっかりと受け継いだSUVで、購入者を満足させる出来となっています。

CX-8に手が届かなくても、十分過ぎる性能です。

スポンサードリンク

CX-5は外見だけではなく乗り心地の評判も良い

CX-5はマツダから販売されている、SUVの大人気機種です。

このCX-5は、2012年の2月に最初のモデルが販売された時から、その性能の高さによって大変な人気を獲得して来ました。

2017年に行われたフルモデルチェンジを始めとして、これまでに何度も改良が施されて来ており、その度に自動車好きの人たちから大きな注目を集めています。

そんなCX-5が大きな人気を獲得している理由には様々なものがありますが、高級感があってとてもカッコ良いと、その外観は多くの利用者から絶賛を受けています。

しかし、自動車にとって特に大事なのは外観ではなく、乗り心地だと言う人は少なくないでしょう。

自動車はかなり高額の買い物であり、一度購入したら一般的には何年も乗り続けることになります。

それでは、CX-5の乗り心地に対する利用者の評判はどのようになっているかと言うと、これもまた外観と同じようにとても高い評価を受けています

シートの出来に高評価が!

引用:https://ja.mazdausa.com/vehicles/cx-5

その乗り心地についての評判の中でも目立つものの一つが、シートの座り心地がとても良いことです

シートが良い具合に柔らかいため、長い時間座っていても疲れさせないという利点があります。

そのシートを含めたインテリア全体に高級感もあることが、運転時の居心地の良さに大きく関係しているものと考えられます。

また、遮音性がとても高いという点も、このCX-5の乗り心地の良さを支える大きな理由です。

例えばエンジンの音や、タイヤが道路と擦れる音などのうるさい音が耳に入って来ると、走行中に不快感を覚えてしまう恐れがあります。

しかし、CX-5はそういった不快な音があまり車内に伝わらないようになっているため、気持ち良く走り続けることが可能です。

さらに、走行に安定感や滑らかさがあって、揺れが縦にも横にも少ないことも、CX-5の乗り心地に関する高い評価につながっています。

スポンサードリンク

新型CX-5の乗り心地は改善されているの?

引用:https://ja.mazdausa.com/vehicles/cx-5

新型のCX-5は先代モデルに比べると、振動と音を遮断する対策が進み、乗り心地は改善されています

サスペンションは前輪マクファーソンストラット式、後輪マルチリンク式と2種類を合わせる設計です。

また、ディーゼルエンジンモデルはナチュラルサウンドスムーザー、ナチュラルサウンド周波数コントロールなどの対策も施されています。

肉厚なタイヤが装備されているため、悪路走行時の衝撃がうまく軽減されて乗り心地が良いといわれることもあります。

しかし、総評として乗り心地は固められており、乗り心地の良いのは運転席に限られる話のようです。

マツダの車は元から足回りが固めと評価されています。

これはスポーツカーで定評のあるメーカーの設計思想でもあり、トヨタ車は足回りが柔らかいといわれているのとは対極です

特に後部座席の乗り心地についてはあまり評判がよくありません。

マイナーチェンジ前に比べると改善されているが、乗っていると飛び跳ねるような感覚を覚えるという意見も多いです。

タイヤサイズの選択基準は?

引用:https://ja.mazdausa.com/vehicles/cx-5

マツダCX-5のタイヤサイズには17インチ19インチのモデルがありますが、特に19インチモデルの乗り心地は固めという評価が下すユーザーが多いようです。

これは仕方のないことで、19インチホイールはタイヤの扁平率が高くなるためです。

しかし、CX-5にはコーチング機能が装備されています。

コーチング機能は優しい運転をしている場合は、グリーンランプ、しなやかな運転をしているときはブルーランプ、体が揺れる運転をしているときはホワイトランプが点灯するようになっています。

運転しているときに、ホワイトランプが点灯しないようにすれば後部座席の乗り心地も改善できるでしょう。

このようなことから、走行性能を考えて選ぶなら19インチ、通常の足としての運転を考えるなら17インチを選択するといいでしょう。

タイヤの扁平率が低いため17インチのほうが乗り心地はソフトになります。

マツダCX-5の加速性能について

引用:https://ja.mazdausa.com/vehicles/cx-5

マツダのCX-5は、流麗なフォルムを纏った新世代の都市型SUVとして大きな注目を集めています。

注目の的となっているのは外観デザインだけではありません。

高次元で確立された走行性能も大いに注目されているのです。

その理由としては、CX-5には2.2Lのディーゼルターボエンジンが搭載されているからです。

環境に優しいクリーンディーゼルとして開発されたエンジン性能が注目されます。

2.2Lディーゼルターボエンジンの実力は相当高いものとなっています。

最大トルクは450N・mという4Lガソリンエンジン並の大トルクを発生します。

それだけでも、とてつもない加速性能を伺い知ることができますが、その最大トルクは2,000rpmという低回転域で発生します。

つまり、アクセルを踏んですぐに強烈な加速を味わうことが出来るという訳です。

信号待ちからの発進加速は群を抜く加速性能と言えるでしょう。

実際に街中を走行していますと信号待ちが多いので、実用域である低回転から最大トルクが発生するのは運転が楽しいものとなりますし、何より経済的です。

回転数を上げずして強烈な加速をしますので、燃料の消費を抑えることができます。

2.2Lディーゼルターボエンジンは、高い加速性能を持ったパワートレインと言えるでしょう。

CX-5のパワートレインはディーゼルエンジンだけではありません。

自然吸気ガソリンエンジンも搭載されます

自然吸気ガソリンエンジンはディーゼルエンジンほどの瞬発力は感じられないにしても、高回転域までスムーズに吹き上がるエンジンフィーリングは気持ちの良いものとなっています。

アクセルを踏めば踏むほどに伸びやかな加速をしていきますので、中、高回転域での加速性能は高い次元にあります。

このように、CX-5はパワートレインによって加速性能が異なりますので、自分がどのような加速フィーリングを期待するかによって、エンジンを選択することが大切です。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク