下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

SUVであれスポーツカーであれ、今や自動車にとってエコ性能は無視できません!マツダがグローバルに展開するCX-5のエコ機能や燃費性能について報告します!

スポンサードリンク

CX-5の燃費はどうかについて

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5は、マツダから販売されているクロスオーバーSUVモデルです。

その特徴としては従来の車種より大きく進化を遂げたガソリンエンジン・ガソリンターボエンジン・ディーゼルエンジンを搭載していることにあります。

これにより、走行性能を高め快適な運転ができるようになっています。

ただ、CX-5の燃費について気にしている人は少なからずいることも事実です。

現在主流となっている新型CX-5の実燃費はトータルで17.1km/Lであり、かなり良好といえます

ディーゼルエンジンを搭載していることもあり、新型の場合は高速道路を筆頭にして全体に良好な燃費を記録しています。

先代モデルと比べると燃費は変わった?

但し過去データがある先代CX-5のディーゼル車と比較すると郊外路では先代モデルに劣っている部分もあります。

しかし、市街地では先代モデルに大きな差を付けており、トータルでは先代の車種より燃費は良好です。

この車にはもう一つ大きな特徴があり、平均燃費と瞬間燃費を同時に見ることができるようになっています。

それからAとB、2つのトリップメーターにそれぞれの平均燃費計がついていて、走行距離と同時に平均燃費も別個にリセットできるように設計されていることも特色でしょう。

リセットの使い分けもできるようになっており、例えばAトリップで満タン給油ごとにリセットして、Bトリップは1日毎にリセットというように使い分けることが可能です。

軽油の価格はガソリンより15%から20%程度安く、燃費はガソリンに換算すると満タン法でも18~19km/L相当と計算することができます。

こうした点からコスト面を考えたときにコストパフォーマンスにとても優れた車種であるといえ、口コミサイトなどでも高い支持の声がとても多いことが特徴です。

ただ、ガソリンモデルの実燃費はディーゼルエンジンと比較すると2リッター車で11~12km/Lとやや劣ります。

街中メインで乗っている場合には、あまり適さないと感じる人もいるかもしれません。

スポンサードリンク

CX-5の気になる実燃費の情報と燃費確認でエコ運転をする方法について

CX-5は比較的大きなサイズのSUVです。

2Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンエンジン2.2Lディーゼルエンジンに分けることができ、気になる実燃費の情報では9.2km/Lから12.8km/Lが平均的な数値というデータがあります。

カタログ上の燃費よりも実燃費の場合では多くのケースでダウンしてしまうことが多く、このことは他の自動車でも同様のことです。

エンジンのタイプによって違いはありますが、このクラスの車種としては決して悪くはない燃費と考えることもできます。

実燃費はCX-5の場合、運転席から画面で燃費確認を行うことができる機能が備わっています。

使い方は簡単でガソリンを入れた際に燃費情報をクリアすると、毎回の燃費情報を正確に判断できます。

使い方の事例の中には毎日クリアする方法や、高速道路などを走行する前にクリアする方法、市街地走行をする際に敢えてクリアすることで、道路状況別に実燃費を計測することを可能にしています。

現在ではガソリン代が高騰していることもあり、CX-5を購入した方も出来るだけエコ運転を心掛けていることは、珍しいことでもありません。

エコ運転あれこれ

画面で表示される機能の中にはグリーンランプという内容もあります。

このランプを気にしながら運転することで低燃費を実現することができます。

CX-5にはアイドリングストップ機能が備わっているグレードもあるので、このタイプではさらに低燃費を狙うことも無理ではありません。

エコ運転を行うにはできるだけ急加速急発進をしないことです。

普通に市街地を走行させている際にも、前方が混雑しているとき、信号が赤に変わるタイミングでは、アクセルオフで走行させてみることもポイントです。

高速道路でも一定の速度に保つことが重要なポイントでもあり、そのために役立つ機能も備わっているので、CX-5の機能を使い込むことも大切です。

夏期間にエアコンを多用したり、冬期間に暖房を強くしたりするような季節では、必然的に燃費が悪くなってしまうので、時期的なことも把握して燃費確認をしてみると安心できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

CX-5の燃費向上テクニック

CX-5はSUVですがミドルサイズなこともあり、比較的低燃費を実現している車です。

しかしカタログ燃費から離れた実燃費が気になるオーナーもいることでしょう。

少しでも燃費向上をさせるにはコツもあります。

まず発進をふんわりと優しく行うことです。

アクセルを踏み込み一気に加速をすると、急激にガソリンを消費することとなり、燃費に厳しい運転になってしまいます。

逆にブレーキを離した時に生じる、クリープ現象に合わせるように優しく発進をすることで、ガソリンの消費を最小に抑えた走り出しを実現することが可能です。

なお、優しい加速の後は、無理をしない範囲で速やかに目標速度に到達するのもポイントです。

いつまでもダラダラと加速をしていると、燃費が落ちてしまいますので注意しましょう。

赤信号などによって停止することが分かった場合、早めにアクセルオフをするのも燃費向上の秘訣です。

ガソリンを節約できると共に、エンジンブレーキがかかることで優しく停止姿勢に入ることができます。

急ブレーキ気味になると燃費の悪化に繋がってしまいます。

さらなる燃費向上のためには

引用:http://www.mazda.co.jp/

アイドリングを極力行わないことも心掛けたいことのひとつです。

例えばコンビニなどで駐車をしている場合、エンジンを掛けっぱなしですと無駄にガソリンを消費します。

10分間のアイドリングによって、約100~200ccのガソリンが使用されると言われており、繰り返し行ってしまうと、それだけで沢山の無駄を発生させることになり兼ねません。

小まめにエンジンを切るようにすることで、燃費を良くできると共に、二酸化炭素の排出を抑えて環境にも貢献することができます。

車の環境を整えることも大切です。

例えば不要な荷物は降ろしておくようにしましょう。

加重が燃費にも影響するため、トランクなどが物置状態になっている場合は注意が必要です。

タイヤの空気圧を調整するのもポイントで、空気圧が適正ではないと、タイヤの摩擦が大きくなり燃費を悪くすることになるのです。

CX-5の4WD性能を燃費で見てみた

マツダのCX-5はディーゼル車を筆頭に、比較的燃費の良さで知られている人気の車種です。

カタログスペック上だと、リッターあたり18.6kmという好成績を残しているので、実燃費の方にも期待が集まります。

しかもこの数字は4WDのものですから、2WDとなれば更に良い成績を出してくれるものと思われます。

18.6kmの数値は、いわゆる世界統一試験サイクル、WLTCモードに基づく計測値です。

高速道路モードでは20.0km、郊外だと18.4kmの性能が発揮されますし、市街地でも16.3kmと中々優秀です。

6EC-ATとなると流石に性能は落ちますが、それでもWLTCモードにおいて、総合的にリッター16.6kmの成績を残しています。

市街地モードだと13.6kmまで低下するものの、高速道路なら18.6kmの性能が出せます。

郊外モードはリッター16.5kmなので、6EC-ATタイプで4WDのCX-5も、まずまずの燃費性能を発揮しているといえるでしょう。

参考までに6MTの2WDタイプと比較してみると、WLTCモードの数値はリッター19.4kmと好成績です。

市街地でも16.9kmまでしか低下しませんし、郊外であれば19.2kmと、20.9kmの高速道路モードと比べても誤差の範疇です。

ガソリン車の燃費はどのくらい?

これらはディーゼル車のCX-5の燃費性能ですから、ガソリンエンジン車となればやはり差が生じてしまいます。

4WDのガソリンエンジン車もWLTCモードが公表済みで、リッターあたり12.2kmから13kmに収まります。

燃費が落ちる市街地モードだと、9.1kmから10.2kmに低下しますが、ガソリンエンジンの効率を考慮すれば悪くない数字です。

CX-5の走りが楽しめる高速道路においては、14.1kmから14.7kmとそれなりに納得できる成績でしょう。

郊外モードは12.4kmから13.4kmなので、最新のCX-5は4WDタイプでも燃費性能が上々です

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【マツダ・CX-5】人気カラーは何?色見本を参考に!
【マツダ・CX-5】後部座席と荷室容量や車中泊について
【マツダ・CX-5】試乗する場合のポイントや試乗評価はどうか?
【マツダ・CX-5】リセールする場合の下取り価格はどう?
【マツダ・CX-5】2WDと4WDの性能の違いは?また雪道はどうか

マツダ・CX-5が値引き金額から、更に50万円安くなる方法とは?

  • 「あったらうれしい車は…高いっ…」
  • 「価格の駆け引きがうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのはめんどくさい…」
  • 「おまあけにディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「とにかく最安値でゲットしたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク